FC2ブログ

7月の外遊び会

2009.07.11.00:27

7月9日木曜日。梅雨の晴れ間に外遊び会をしました。
いつもは、噴水を横目に自然の中に急ぐのですが・・・
今日は、こどもたち待望の「水遊び」!濡れても良い格好で、水の中に飛び込みます。

はじめは躊躇してた子どもも、慣れてきたらキャーキャー。
途中から小川に移動して、お昼前まで水遊びを楽しみました。

外遊び会では、木の枝や棒をこどもが握っても「やめなさい」とは言わずに、親子ともに見守ります。危ないことを、こどもが自分でわかるまで取り上げたりしません。
大きい子が、小さい子に「あぶないからね」と教えてあげることもあります。

この日も初参加のお友だちが、大きい子の真似をして棒を握りました。
おともだちにむけてふりまわさないでね。
長い枝は、ちょっと短くしようね。
この二言で、怪我もなく遊びました。
こどもだって、ちゃんとわかっているんですよね。

危ない段差も自分の力でしっかり上り下りし、「すごいね」ってほめられたおともだちは、帰る頃には自信に満ちあふれたいい笑顔になっていました。
この日は、あまり水遊びできなかったお友だちも、きっと次は頑張ってくれるんじゃないかと思います。

こどものペースにあわせて、ゆっくりと・・・
一人でできたことは、心からほめてあげて。

外遊び会では、そんな子ども達の自主性を、これからも大切にしていこうと思っています。
P7090043.jpg
P7090044.jpg
P7090045.jpg
P7090050.jpg
P7090051.jpg
スポンサーサイト



comment

Secret

2009.07.12.00:07

いつも参加している私もいまだに棒をもたれると内心ヒヤヒヤして目が離せません。普段だと鬼顔になって怒鳴り声をあげていることでしょう。なんの効果もないこともわかっていながら。。。
でもESDの外遊びでは頭から怒らず大人たちみんなが見守る優しさや子供達に気付かせようとする教育的な部分とを感じます。子供に経験させるという行為はとても大事だときいたことがあります。この外遊びでは危険なこと自然とのふれあい、のびのび体を使って遊ぶ、子供同士のコミュ二ケーションなどなど色んな体験を子供にさせてあげられる場だなとあらためて思いました。
親にとって見守ることは時にしんどいこともあります。だけどそれも子供には大事なことなんだと気付かせてもらえた気がします。
なんか最近感情的に子供に叱ってばかりいたので少し反省しました。
プロフィール

赤ちゃんからのESD

Author:赤ちゃんからのESD
>ホームページはこちら

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード