スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外遊び例会しました!

2008.11.26.22:49

今日は、赤ちゃんからのESD11月の外遊び例会の日。
ぐんぐん気温も上がって、最高の外遊び日和となりました。
PB260097.jpg
公園内は、落ち葉のじゅうたんでふかふか・・
斜面は、落ち葉の滑り台です。
PB260078.jpg
よいしょ、よいしょ。木登りもお手のもの。
PB260081.jpg
PB260082.jpg
こーんな、かわいらしい木の実も。はい、どうぞ。
PB260094.jpg
お山の頂上でのんびり。おままごとしてるのかな?
PB260104.jpg
赤ちゃんもぽかぽか陽気の中で、すやすや・・
PB260087.jpg
今日、一番の喜びは、先月のコラボ祭りで「パパの子育て広場」に参加してくれた家族が遊びにきてくれたことです。嬉しいですね。

外遊び例会を始めて、もうすぐ一年。吉永さんのおかげで四季折々のいろんな遊びを楽しみながら、続けることができています。ありがとう☆
子どもたちが自然の中で遊ぶことも大事ですが、こどもたちが私たち大人に伝えてくれる、大切なメッセージも見逃さずに続けていきたいな・・と思います。
スポンサーサイト

陶器とりかえ隊、出張してきました!

2008.11.25.21:53

本日10時~12時まで、庄内図書館3階にあるしょうないREKさんのREKカフェコーナーにて陶器とりかえ隊の出前をさせていただきました!
昨夜までの雨とは、うってかわって良いお天気♪
明るくて広々としたカフェコーナーで準備作業に入ります。
開店前から、入り口に並ぶお客さん。リサイクル本コーナーの人気にびっくり・・とりかえ隊の準備は、まだまだでちょっと焦りが・・(^.^;
10時オープン!
人がどーっと押し寄せます。でも、とりかえ隊コーナーはみなさん遠巻きに見たりして。
いつもと違う雰囲気に、「なにしてるの?」と集まるお客さん。

新品じゃなくて、ええの?
そんなんやったら、家にいっぱいあるわ~

陶器を手に取りながら、わいわい賑やか。
10時半頃になると、家にある不要陶器を持ち込んでくださるお客さんも増え始め、また、もらってくれたお客さんがお客さんを呼び、並べた物がすぐなくなる・・という感じでとっても良い雰囲気で、陶器が循環し始めました。

いつも千里でやっている時には、なかなかなくならない大皿や湯飲み茶碗のセット、おちょこなどがどんどん引き取られていきます。
生活スタイルや家族構成の違いで、食器のニーズも違うのでしょうね。

庄内のみなさんは、本当に気さくで、いろんなことを話しかけてくださいました。
また何より嬉しかったのは、しょうないREKのみなさんが「陶器とりかえ隊」の主旨をお客さんにちゃんと説明してくださっていること。環境のこと、リユース、リデュースのこと。とりかえることの意味。

とりかえ隊は、関わる全ての人が、何気ない生活の中でエコを考え、実践出来る活動なんだと改めて実感しました。
告知から、準備片付けまで・・しょうないREKのみなさんの協力のおかげで、無事終了することができました。

またやってほしい!という庄内の皆さんのラブコールにお答えして・・
1月27日再度呼んでもらうことになりました。嬉しいですね。
身近で出来る「エコ」として、これからもいろんな人が、陶器とりかえ隊に関わってくれたらいいな・・・と思います。
新開さん、横地さんお疲れ様でした!

11月例会報告

2008.11.21.00:23

本日、千里公民館料理室にて11月例会「コラボ祭りお疲れ様会と12月例会の企画会」を行いました。
前半は、親子クッキング。
子ども達は白玉団子を、こねこね。
PB200057.jpg
キレイなお団子になったかな。
フルーツ切って、焼き芋焼いて、こんなに素敵なデザートが出来上がりました!
PB200059.jpg
早く食べたいなぁ・・
PB200060.jpg
みんな並んで「いただきます!」
子ども達が、おいしいデザートに夢中になっている間に、ママ達は12月のクリスマスコンサートの選曲♪
素敵なクリスマスソングだけでなく、おなじみの童謡やみんな大好きな、「崖の上のポニョ」など、楽しいプログラムが出来上がりました!
さて、どんな選曲でしょうか??お楽しみに☆
PB200062.jpg
今日は、0歳児もいっぱい!午後は、赤ちゃん同士でまったりタイム。
赤ちゃんにとっても刺激の多い一日となりました。
みなさん、お疲れ様でした~(^o^)

エコ市民賞を受賞しました!

2008.11.21.00:14

とよなか市民環境会議の主催する「エコ市民賞」に赤ちゃんからのESDがノミネートされ11/17の審査会に行ってまいりました!
市長さんを前にちょっぴり緊張しましたが、赤ちゃんからのESDの活動の良さをしっかり伝えてきました(^o^)

環境を意識した活動というだけでなく、「未来のエコ市民」を育てているママ達が主体になって活動していることのすばらしさを、審査員のみなさんに伝えてきました~

この賞を誇りに、これからもエコ市民としてがんばりましょうね!

陶器とりかえ隊しました!

2008.11.21.00:09

去る11月17日(月)ひがしまち街角広場で陶器とりかえ隊を行いました。
街角広場前の木々は、すっかり紅葉して、こどもたちも大喜び!!
PB170049.jpg
10月は、コラボ祭りのため街角広場をお休みしました。
1ヶ月ぶりの出店に「やっぱり、ここでやってくれへんと~」と常連さん。
陶器の出入りは少なかったものの、東町のみなさんのあたたかさにホット出来た一日でした。

新開さんからの感想と報告
街角広場のHPにも「陶器とりかえ隊」のことを載せてもらっている。街角広場内でも宣伝していただいていた。
今回は近くのスーパー「青葉」のチラシをみて持ってきたという人が多かった。
時間を短縮したため私たちは楽だったけれど、お客さんからはもう少し長くやって欲しいという声も聞かれた。
10月はコラボや国際交流センターへの出張でお休みしていたため、今回は人のいりが少なかったです。
街角広場では「食器集め」、出張先では「食器の提供」をメインに活動していこうと思います。


始まりの重さ(30kg)+持ち込みの重さ(51.3kg)-終了時の重さ(40kg)=リユース出来た重さ(41.3kg)

高校生と子育て中の親子の交流会

2008.11.16.00:16

11月14日、千里青雲高校(東豊中高校)にて高校生と子育て中のお母さんとの交流会を行いました!
東豊中高校では、一昨年に「明日の親になるための授業」を行い、そこに参加していた現三年生と、新設の幼児教育学科で保育を学んでいる高校生から希望者が、発展授業として参加してくれました。

子育て中の親子は、今回モデル事業ということで、赤ちゃんからのESDのママ達。
出来たてのリハビリテーション室、そして子育て中の親子が高校の敷地に入るのも初めて。
受け入れ側の高校もそこに来る親子も緊張気味。
PB140035.jpg
高校生とお母さん達の間に、少し距離が・・
PB140038.jpg

緊張をほぐすため、地域支援保育士さんがかけつけてくれて手遊び。高校生達も、少し慣れてきたかな。
PB140039.jpg

中盤は、新聞紙びりびり遊びと、タオルを使って電車ごっこ。
みんな汗だくで走り回りました。
PB140040.jpg
絵本を持ってきてくれた図書館の司書さんに、読んでもらいました。
みんなうれしくて司書さんの周りから離れません。
高校生も久しぶりの絵本を真剣に聴きます。

この後、お母さん達から高校生に子ども達の写真入り、自己紹介カードをプレゼントして解散。

高校生達は、残って私と次の企画をしました。
12月にクリスマス会を予定。

今日はどうだった?という私の質問に・・
☆こどもたちめっちゃ、かわいかった!!でも、泣いたらどうしていいかわからへん~
☆喧嘩した子ども達を、ちゃんと仲直りさせてさせていたママってすごいと思う。
☆赤ちゃんってふにゃふにゃで、すごく動くから、どうやって抱いたらいいか、悩んだ。

などなど・・高校生らしい感想がいろいろ。
ママ達に質問は?

☆子育てしていて困ることは?
☆ご主人とのなれそめは?
☆あかちゃんは、どうやって抱っこしたらいいんですか?

この質問には、次回ママ達に答えてもらいます。
クリスマス会のアイデアもぞくぞくと・・

どんなクリスマス会になるか、お楽しみに☆

初めての試みで私自身も緊張しましたが、ほんとに気持ちの良い高校生ばかりで、パワーをたくさんもらいました!

参加したお母さん達にとっては、出にくい夕方の時間そして緊張してなかなか離れない子ども達・・いろいろと大変だったと思います。時間も短く、交流する時間があまり持てませんでしたが、何か高校生達から感じ取ってくれていたらいいな・・と思っています。
お疲れ様でした☆

ママとパパの育児休業

2008.11.11.22:19

ママとパパの育児休業

日時:11月29日(土)10:30~12:30
場所:男女共同参画推進センター すてっぷ
講師:高畠淳子さん(立命館大准教授)

内容:ワーク・ライフ・バランスの現状と課題について
ゲストスピーカー:
小川敦美さん(初代、赤ちゃんからのESDメンバー)
大和敬吉さん(コラボ祭りで協力いただいた保育士さん)


☆赤ちゃんからのESDから職場復帰された小川さんが、ゲストスピーカーとして講座に参加されます!また、コラボ祭りでのコンサートやパパの子育て広場でお手伝いくださった、保育士の大和さんもゲストとして参加されます。
みなさん、是非参加してみてくださいね☆詳しくはコチラ

親子で歌おう!子育てママの手づくりコンサート

2008.11.06.23:43

親子で歌おう!子育てママの手づくりコンサート

日時:12/21(日)13:00~14:00
場所:千里文化センターコラボ2階・多目的スペース

内容:手作り楽器で一緒に歌って踊りましょう!
クリスマスソングなど。


主催:千里文化センターコラボ
協力:赤ちゃんからのESD
参加費:無料 事前申し込み不要
☆直接会場にお越し下さい。

***********************
メンバーのみなさん、楽しいコンサートにしましょうね☆
演奏曲のリクエストも募集中です!!

11月例会案内

2008.11.04.22:37

11月の活動予定をお知らせします。

●高校生との交流会(1回目)
11/14(金)15:30~千里青雲高校にて

●陶器とりかえ隊
11/17(月)10:30~12:00ひがしまち街角広場にて

●11月例会・コラボ祭りお疲れ様会

11/20(木)10:00~
千里公民館・料理室
メニュー:紅茶、白玉団子、焼き芋

●陶器とりかえ隊(in庄内)
11/25(火)10:00~12:00
庄内図書館3階REKコーナー
(新開、横地、有里で出張予定)

●11月外遊び例会
11/26(水)10:30~
千里中央公園

☆12/12.13に開催される市民環境展に出展します。内容は、陶器とりかえ隊と外遊び例会の報告をメインに行います。11月例会の午後に、パネル作成などの準備会を行いますのでアイデアをお寄せくださいね!

千里公民館の講演会に参加してきました。

2008.11.01.01:54

「事故に注意 防ごう危険 させよう痛い思い」
10月28日(火)10時~11時半 千里公民館集会室にて
講師:福井聖子さん(小児科医)
自らの育児経験もふまえながら、専門家として的確なアドバイスをしてくださいました。赤ちゃんからのESDからは、渡邊さんと福本さんが参加してくれました。
◎ 0~6ヶ月
赤ちゃんかが落ちないように、落とさないように気をつける。万一転落した時のことを考え、床をよくチェック。
◎ 7ヶ月~1歳半

自分で動けるようになるこの時期から、注意をする!
・ おぼれる:浅い水でもおぼれる。頭が重いので彫り込み式の浴槽は注意。
☆ 目の前でのドボンは大丈夫。すぐ助けて、よしよし。
・ 転落:ベランダや階段に注意。
☆ 室内で1m以下の高さから落ちても重症になることはほとんどない。床面がコンクリートの場合は、すのこやバスマットなどを敷いておく。
・ 窒息・誤飲:フィルムケースに入るようなものは、1m以上の高さに。
☆ タバコそのものは、すぐ吐けば大丈夫だが、水に溶けたニコチンは危険!
☆ なんでも口に・・は、当たり前。とがったもの以外は、大人が見守る中で。
・ やけど:熱い食べ物はテーブル中央に。
☆ 言葉がわかるようになったら、少しだけ熱いおちゃわんなど触らせて「あちち」を教えておくと、とっさの時に役立つ。
・ 転倒.けが:こどもの歩幅は、大人の1/3。6畳一間でも、片付けると子どもは充分走り回れる。
☆ はだしはすべりにくく、足指が広がり安定性も良い。
☆ 転ばないと上手にならない。(とっさに手が出る。身体を起こす)
☆ 家の中は、片付けすぎない。下を見て歩くこと。何でも排除してしまうと、外に出た時転倒しやすい。
☆ 「いたいのいたいのとんでけ~」は、神経の上でも本当に痛みが感じにくくなる。さすってあげましょう。
◎ 1才半~2才
・ おぼれる、転落、誤飲などは1才半までとほぼ同じ。
・ 元気な子:じっと出来ない元気な子は、しつけが悪いのではなく体力が有り余っている証拠。その子にあわせて、エネルギーを発散させてあげる工夫をしてあげる。
・ 食事:好きなものばかり食べてしまう時期。お母さんが良いと言ったものを食べるというような、ルール作りも大切。
・ 転倒:1才半と同じ。転ぶことを怖がらせない。パパにも理解を促す。
・ 交通のルール:一緒に歩いて少しずつルールを教える。

●応急手当
☆ 頭を打った:アイスノンなどで20分ほど冷やす。顔色が悪い、意識がない、けいれん、吐くなどはすぐに病院へ。以上がなければ、顔色、嘔吐、元気かどうかを48時間見守る。入浴はさせず、家の中で安静に過ごす。

他にも、たくさんの事例をお話ししてくださいました。最後は、食事のことなど参加者の質問にも母親の気持ちで答えてくれていました。一食で栄養をとるのは、難しい時期なので、1日(三食)もしくは2日でまんべんなく採れたらOK.お母さんがあまり神経質になって、食事が苦痛にならないように、とのこと。
三人のお子さんが、一度ずつお風呂でドボンしたというエピソードは、思わず笑ってしまいました。先生は「とにかく、親が見守る中でできるだけ痛い思いを経験させる」ということでした。乳幼児期に痛い経験をしない子どもは、成長してから手が出ずに顔から転んで大けがしたり、事故に遭いやすいそうです。痛かった後の「よしよし」も忘れずに・・
怪我の手当から、子育ての基本を教えていただいた1時間半でした。
(ゆり)
プロフィール

赤ちゃんからのESD

Author:赤ちゃんからのESD
>ホームページはこちら

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。